多くの選択肢から自分に合う医学部予備校を探し出す

レディー

学力を高める方法として

筆記用具

部活で忙しい中学生が家庭教師を利用するときには、基本を重視しながら復習することで、学力アップも実現できるでしょう。初めて利用するときには定期試験パックが便利であり、模試のデータも生かすことが、効果的に学習するためのポイントです。

詳細

短大の魅力は要チェック

大学

短期大学を選択するメリットは、学生生活を送る中でもっと学びたいと感じた場合に、大学編入や海外留学といった広い視野で進学を考えることができる点にあります。短期大学は少人数制と地域密着を特徴としますから、きめの細かい教育や就職サポートが行われ、地元企業に就職しやすく人気を集めています。

詳細

大学受験の前の傾向と対策

作文

大学入試の小論文は、大学によって採点基準が異なっています。そのため、希望大学の傾向と対策を把握しつつ準備を重ねていくことが大切です。その傾向と対策は、予備校が持っていることが多くそこで指導を受けられます。

詳細

医学部突破を目指すために

医者

近隣県からも生徒が集う

全国には80もの医学部が設置されていますが、その中でも東京都は最も多く「13」もあります。また19歳人口1万人あたりの医学部進学数では、東京都は全国トップクラスにはありますが、ダントツトップではありません。このことが示すのは、東京の医学部に入学する「他県出身者」が多いということです。別の言い方をすれば、受験生も良く東京に集まるということでしょう。そのためか、東京には医学部予備校が非常に多いのです。その数は他の都市と比較しても歴然としています。近隣県の高校生や、浪人生、社会人などが、多く医学部予備校に通っているということがわります。それでは東京の医学部予備校に通うメリットはどこにあるのでしょうか。

選択肢の多さとアクセス

東京で医学部予備校に通うメリットは様々考えられますが、その中でも「選択肢の多さ」と「アクセスの良さ」があるのではないでしょうか。予備校はそれぞれ学費や授業体制、カリキュラム、立地条件、生活環境などが異なります。選択肢が多ければ、より満足度の高い選択が出来ると考えられます。例えば自由が丘には、女性専用のオシャレな予備校があります。自由が丘は自然にあふれた街並みが女性受けしますし、治安も良いので安心して通えるのです。また授業内容にも工夫を凝らしており、エクササイズや道徳なども含まれているようです。また東京はアクセスが良いため、近隣県からも比較的短時間で通えますし、買い物などの用事も、近場で済ませやすいというメリットがあります。ただしその分東京には誘惑も多いため、意志が弱い人は注意が必要かもしれません。