働きながら学べる|日商簿記1級を独学で学ぶポイント

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

簿記の試験とは

電卓

通信講座を活用する

日商簿記は1級から3級まである試験であり、スクール学習経験後でなくても独学で試験を受けることができます。3級が1番難易度が低いため、簿記を勉強したことがない方はこのクラスに受かることを目標にすることで、日商簿記1級への足がかりになるでしょう。日商簿記1級はこの資格の中で難易度が1番高くなりますので、独学で勉強をするよりも通信講座などの力を借りることが合格への近道になります。なぜなら個人での独学の場合はどこを勉強すれば良いかなど、効果的な勉強の方法が分かりづらいという問題があります。しかし、通信講座を利用すれば専用のテキストを利用したり、講座側のサポートを受けることで悩みが解消します。日商簿記1級は2級や3級よりもたくさんのことを学ぶ必要がありますので、サポートを受けられることは簿記勉強に有利だと言えるでしょう。

合格するために

日商簿記1級の試験は、4科目に分かれており、2科目ごとに90分で、合計180分の試験を受けることになります。合格基準は全体の70%かつ、1科目40%以上の点数を取ることになります。日商簿記1級に受かると、税理士などの資格を受験する資格が与えられますので、税理士などへのステップアップを考える方には必須の資格と言えます。一般的に日商簿記1級の合格率は10%前後で推移していますので、難易度の高い資格の範疇に入ります。このことからも独学で勉強して日商簿記1級に受かることは難しいと言えるため、何らかのテキストや講座などを頼ることが望ましくなります。特に日商簿記合格のノウハウを持っている通信講座などを利用することで、合格する確率を高めることができます。

学生

学びを諦めない

すでに働いている社会人や資格取得をしたい大学生から、学費の安さと自分のペースで学ぶことができるメリットのある通信制の専門学校は高い人気を誇っています。技術習得が目的なら、スクーリングや技術習得に重きを置いている通信制の専門学校を選ぶようにしましょう。

履歴書

重視されている

近年の大学受験では、一般向けのペーパー入試より、AO入試や推薦入試を実施する場所が増えました。そしてそのとき重視されるのが志望理由書や小論文なのです。正確な志望理由書を書くには正しい指導を受けることがベストです。志望理由書の添削指導は、いつでも提出できてすぐに添削してくれます。

勉強

誰でも幅広く学べる

学位から趣味のスキルまで幅広く学べるのが通信教育です。共通した特徴としては、場所を問わずに学べて空いた時間を活かしやすい点があります。通信教育はダブルスクールで活用するテクニックも有効です。学生の資格取得や社会人の学習においても通信教育は有効活用されています。