大学受験の前の傾向と対策|多くの選択肢から自分に合う医学部予備校を探し出す

多くの選択肢から自分に合う医学部予備校を探し出す

婦人

大学受験の前の傾向と対策

作文

大学で採点基準が異なる

大学入試で小論文が使われることは決して少なくありません。どこも時事ネタを扱うことが多いため、比較的テーマは似たようになります。しかし、同じテーマで同じ論文内容だとしても大学によって採点が異なるケースもまた少なくないのです。なぜ、そのような事態になるのでしょうか。実は、大学によって採点するポイントが異なっているからです。例えば、小論文の一文一文、さらに全体の構成を重視している大学がある一方で、論文内容そのものに重視している大学もあります。特に、文系大学では文法を、理系大学では内容を重視すると言われています。そのため、どのように採点するのか注意しながら小論文を書いていけば、高得点を狙えるかもしれません。

傾向と対策に備える

そのために、どのようなテーマをどのような採点ポイントで試験に出すか事前に知っておいた方が得策だと言えます。その情報を持っている機関の一つが、予備校なのです。多くの予備校では、一般の筆記試験だけでなく、小論文の書き方の指南も行っています。そこで希望大学に沿った傾向と対策を指導することによって、その大学の採点方法に合った小論文をかけるようになるわけです。「小論文なんて適当にかけば何とかなる」と意気込んで大学受験で失敗するケースは決して少なくありません。そもそも、普段から論文を書き慣れてない人がいきなり小論文を書けるわけがありません。だからこそ、万全の対策をとって挑むことが、とても重要なことなのです。