短大の魅力は要チェック|多くの選択肢から自分に合う医学部予備校を探し出す

多くの選択肢から自分に合う医学部予備校を探し出す

婦人

短大の魅力は要チェック

大学

大学編入や留学も

高校生の中には、大学や短期大学、そして専門学校のどこに進むべきか悩む方もたくさんいらっしゃることでしょう。その中でも短期大学の特色は、地域に身近な高等教育機関であること、短期間で大学で行われる教養教育や専門教育が提供されることにあります。短期間での学びを行いますから、原則として四年制大学よりは濃密な学生生活を行うことが出来るでしょう。また、学生生活を送る中で学びを一層深めたいと感じた場合には、大学への編入制度を活用することができます。加えて、近年ではグローバル化が進展していることもあり、海外大学への留学を選択する方も増えています。このように、短期大学で学ぶメリットは、ひとまず2年間、または3年間学びながら、大学編入や海外留学といった広い視野で進路を考えることができる点にあります。

少人数教育と地域密着

平成28年の学校基本調査によりますと、全国にはおよそ340校の短期大学が設置されており、高等学校などを卒業した方の約5%が進学しています。特に、保育士や栄養士、看護師向けの学科が積極的に設置されているため、これらの仕事を目指す方にとって短期大学は有力な選択肢となっています。また、経済や経営、語学系の学科も多く見られ、卒業後に大学編入や留学を目指す方も多数いらっしゃいます。短期大学が人気を集める大きな理由は、少人数制教育と地域に密着していることが挙げられるでしょう。まず、短期大学では、一人ひとりにきめの細かい丁寧な学びが提供され、就職活動のサポートも手厚く行われています。そして、地域に根ざしていることから、学校の先生や保護者からおすすめの進学先として紹介されることも多く、地元企業への就職もしやすい特徴があります。